化粧水を利用して保湿ケア

普段肌のスキンケアに化粧水や乳液を利用している方は少なくありません。

しかししっかりスキンケアを行っているつもりでも、肌の潤いが不足して乾燥しやすくなったり肌トラブルが起こる場合、十分な保湿ケアが行えていない可能性が高くなります。化粧水が十分に肌に浸透していかない原因の一つに、スキンケアを疎かにしている場合や、肌質に適している物を利用していない事が挙げられます。

さらに肌の古い角質が十分に除去出来ていないと水分が肌内部に浸透しにくい状態が続くメリットがあるので、定期的に酵素洗顔を行ったり、ピーリングケアを行うことで肌の古い角質や毛穴の汚れをしっかり除去することをおすすめします。保湿ケアが足りていない場合は、さっぱりとした使用感の化粧水よりも、しっとりとした使用感の保湿ローションに切り替えることによって手軽に肌に潤いを与えることができます。フェイシャルマスクなどを利用する方法もありますが、自宅にフェイシャルマスクの買い置きが無い場合は、手軽に自宅でお手入れを行う方法としてコットンパックがおすすめです。

コットンパックは自宅にあるメイクオフ用などに使用するコットン二枚に普段使用している化粧水をたっぷり染み込ませて、水分でひたひたになっているコットンを複数枚に割いて顔全体に貼り付けます。後は約10分から15分放置しておくと通常の化粧水での保湿ケアよりもしっかり肌に潤いを与えることが出来るメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です