敏感肌化粧水は比較して使う

化粧水は肌に潤いを与えるために必要な基礎化粧品です。
敏感肌の方は成分を比較して使う必要があるので、本体や箱に書かれている説明書を確認するようにしましょう。

化粧水には、大きく分けて比較するとさっぱりしているタイプとしっとりしているタイプがあります。さっぱりしている方が、使用感がさらっとしていて、べたつきが少ないです。夏用のタイプや肌の水分量が十分に足りているタイプ、脂浮きするタイプに人気があります。

反対に、しっとりしているタイプは、手で触ると吸い付くように密着します。人によってはべたつきが酷くなってしまう方もいるでしょう。乾燥している冬の時期に使われますし、水分量が少なく乾燥している肌質の方や年齢を重ねて水分を保持する力が弱まってきた方には潤いを足してくれることもあるでしょう。

敏感肌には、脂性肌に傾いてニキビや吹き出物などの炎症で刺激を感じやすくなっているタイプと、アトピーや加齢で乾燥しやすくなり、肌のバリア機能が弱まって、髪や服等の繊維が触っただけで痛みを感じやすくなっているタイプとがあると思われます。

両者に合う化粧水は比較するとそれぞれ違ったタイプが合うでしょう。できれば使う際には敏感肌用のラインを揃えているメーカーで購入した方が良いと考えられます。事前にメーカーのサイトで相談すると比較的肌質に合う化粧水の提案が可能になる場合があり、それぞれの肌質を考慮した敏感肌用のタイプを勧めてもらえます。

サンプルを配布していることもありますし、有料ではありますが1週間分のトライアルセットが用意されていることもあるので、腕の目立たない所でパッチテストをして異常がなかったら、試してみることを勧めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です